京つう

  日記/くらし/一般  |  大阪府

新規登録ログインヘルプ



スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局  at 

2014年05月18日

マイナス志向の私

元々、人の顔色を気にする性質の私。
そんな私だからきっと同居生活なんて無理なんだろうな、同居なんてしたらきっとストレスで大変なことになるんだろうな・・と思っていたんですよね。

でも、義両親は2人ともいい人たちで、2人の義妹も明るくて私と仲良くしてくれて。
家も二世帯住宅だからほぼ気兼ねなく過ごす事ができて。

環境的には凄く恵まれていると思うんです。

1歳半になる息子も、いつもでじぃじ・ばぁばと遊ぶ事ができるし。
義両親もいつでも好きな時に孫と遊ぶ事が出来て嬉しそう。
これは親孝行の一つかな、、なんて思ったり。


でも、やっぱり私は人の顔色を気にしながら生活をしています・・。

コレは性格だから仕方がないといえばそうなのかもしれないけど。

少しでも義両親の声色が違ったりすると、「私なにかしたかな??」と不安になったり。
旦那が義両親のいるところへ行って暫く戻ってこないと「私のことで何か言われているのかな・・」なんて不安になる。

本当、、同居に向いていない性格をしています;


でも、それは私の意識の問題であって実際に何か意地悪をされているとか、仲間はずれにされているとか、文句を言われているとか。
そういったことは一切ないんです。
本当に、私の意識の問題。

どうしたらこのマイナス志向を改善できるんだろう。

精神科とかカウンセラーにでも通ったら少しはよくなるのかなぁ。


まずは自分に自信をつけないと、私のマイナス思考はなくなりそうもないんだけどね(笑)  


Posted by るなち  at 19:31Comments(0)

2014年04月09日

ありがたし。

ここ1週間ほど、私は風邪でダウンしていました。

元は義母が風邪をひいていて、酷い喉の風邪でした。
それが治りかけたころに、息子がその風邪をもらい、そして私へと・・。

一番最後に巡ってきた私が一番酷くなりました^^;
元々私はまだ息子に授乳中の身なので、薬らしい薬が飲めず。
治りが遅いのも仕方ないんですけどね。

喉の違和感から始まって、酷い咳がでるようになって。
最悪・・熱まで出てしまいました。
38.8出た時には幻を見るかと思ったのですが(笑)それは見ないで済みました。

ここで問題はただ一つ。
息子の面倒を見れないということ・・。

見れるには見れますが、いつも全力で遊んであげたり相手をしていたのが、全力は無理だということ。
出来れば寝ていたかった。

そしたら、いつもあまり頼りにならない旦那が積極的に息子の面倒を見てくれて。
私が寝れるように配慮してくれました。
凄く嬉しかった。

義妹や義父たちも、出来る限り私が横になれる環境になれるよう、息子の相手を引き受けてくれて。
買い物に連れ出してくれたり、遊んでくれたりしていました。

こういうとき、人の手があると嬉しいなぁって思いましたね。

感謝感謝です。

熱は3日ほど続き、一旦ひいて。
調子にのって色々動いたらまた熱がでてしまいましたが、今ようやく落ち着いてきました。

あとは少しの咳が収まってくれれば完璧なんですけどね。
咳は長引くし、飲める薬がない以上仕方がないですね。

今回の私の風邪では本当に周りの人に感謝でした!  


Posted by るなち  at 20:07Comments(0)

2014年03月06日

家族とは・・?

家族って何でしょうね。

お互いのこと1から10まで全て知っておかないと駄目なんですかね??

同居をしていてつくづく思います。


義家族はお互いがお互いの交友関係から行動まで全てを把握しようとしています。
多分意識はしていないと思うんです。
知っていて当たり前だっていう、無意識の行動だと思うんですけどね。

最初はスゴイ濃い家族関係だなぁって思う程度だったのですが、段々と違和感を感じるように。。


裏の親戚のお婆ちゃんまでもが、我が家や義家族の行動や義両親の休日、出来事までも把握しようとするんです。

血の繋がりがないからなのか、正直そこまで知る必要あるのか・・って思ってしまう私。


兄弟全員の交友関係把握してるなんて、はじめて聞きました。
私たち姉妹は仲悪いわけじゃなかったけど、それぞれ個人個人でしたので。

仲がいいにこしたことはないんですが、度々義母にスケジュールやイロイロなことを聞かれたり、聞かされることが少しストレスになっています。

悪いことではないんですけどね。


郷に入れば郷に従えとも言いますし。私が慣れればいいっていうだけの話。


今日感じた違和感は
裏のお婆ちゃんと話している時に、息子が魚が好きだという話から鯖やさんまアジやホッケなど色んな魚を調理するという話題になりました。
そうしたらお婆ちゃんが、「××さん(義母)はアジしか焼かないからね」と決め付けて話し始めました。

一緒に住んでいないのに分かるんだ・・って。

そういう会話しているのかな。。なんだかそういう細かい所まで知る必要あるのかなって。思いました。  


Posted by るなち  at 05:01Comments(0)

2014年02月28日

お婆ちゃん、一言多いよ。。

我が家の裏には、親戚のお婆ちゃんが住んでいます。

旦那のお父さんのお父さんの妹。
大叔母さんです。

頭(ドン)のような存在で逆らえない存在っていうんでしょうか。そんな雰囲気のあるお婆ちゃんです。

私は幸い気に入ってもらえているようで、しょっちゅう部屋に遊びに来ては息子に話しかけてくれたり、差し入れを持ってきてくれたりするのですが。
このお婆ちゃん、いい人なのに一言多いんですよ;

余計な一言がいつもあるというか。



例えば、我が家には1歳の子供がいるので部屋がすぐ散らかるんですよね。
私は元々そんな綺麗好きではないですが、やっぱり同居している身としては少し小奇麗にしておかないと!って思うじゃないですか。
なので、結構な頻度で掃除機をかけ拭き掃除をするんです。

その様子を外で見ていたお婆ちゃんが一言。

「頑張ってるねー!すぐ汚くなるのに~」


むかつきはしませんが「・・・」ってなりますよね(笑)


嫌味で言っているわけではないので、イラッとはしないです。
いつも「頑張ってるね」って言ってくれるので。

まぁでも、一言多いかな?とは思います。


あとは、噂好きですね。
この家のことは何でも知っていたいっていうか、知っているのよという空気が台風のように吹き荒れていて、少しでも知らない情報を私が口にすると凄く食いついてきます。
そして、決め付けます・・。

違うのになあと思いつつ、否定もできないのでそのままですが。

いい人なので嫌いではないですが、丁度いい距離をもってお付き合いしたい人です。  


Posted by るなち  at 03:51Comments(0)

2014年01月23日

疎外感を味わいました

今日ちょっと寂しく思うことがありました。

先日から別地方に住んでいる義妹が帰省しているので、今日の夜は皆でご飯を食べました。
その時間は凄く楽しくてよかったのですが、義母たちの会話で少し・・・寂しくなってしまいました。

明日義母・義妹2人と義母の姉とでホテルのランチバイキングに行くという話しをしていました。

私は蚊帳の外。


誘われても息子がいるし遠慮はもちろんしますが、私のことなんてお構いナシで計画を立てる義母たちを見ていると、なんだか寂しく感じました。

私は所詮他人なんだなぁと。。

否応でも自覚せざるをえないですよね。

一緒に住んでいてもやっぱり嫁は嫁で他人なんだと。


どんなつもりで行かない・誘わない人の前でそういう計画の話を進めているんだろうと、少し思ってしまいました。

こういうとき、思ってしまうんですよね。
私はここには居ない方がいいんじゃないか、って。

所詮他人なんだから。

根っこの部分では私のことなんて、なんとも思ってないんだろうなって。


なんだか凄く寂しかった。


同時に思うのは、悪く言えば仲間はずれ状態にされている私を、旦那はどんな風に見ているんだろうって。

別にホテルバイキングに行きたいわけではないですが、一声あっても・・って思うのは駄目なんですかね。


4月に家族で温泉旅行に行くというプランがあるそうですが、、遠慮したい気持ちでいっぱいです。
寂しい思いをしに行くだけなんて、切ないですもん。

涙でそうでした。  


Posted by るなち  at 03:25Comments(0)

2013年12月23日

愚痴ります。

やっぱり義両親と実両親っていうのは違うのかなぁと、最近つくづく思います。

我が家は比較的円満なほうだと思うのですが、やはり言われると「ん?」て思うことってあるんですよね。
実親なら言い返すことができるけど、やっぱり出来ない相手に言われるのってストレスなんですね。

最近、息子は凄く成長してきて一気に色んなことができるようになってきました。
私はその成長だけでじゅうぶんだし、ゆっくり少しずついろんな事ができればいいと思っているのですが。
義母はそうではないみたいで。

私が「今日こんなことが出来たんですよ」って報告すると一応「そうなの~スゴイねぇ」と言ってはくれるものの「まだしゃべれないしなぁ」と一言余計な事を言います。

こう言われるとなんか、成長遅いって言われてるのかと思ってしまいますよね。
仮にそうだとしても、息子はきちんと確実に成長しているし。
ゴミだって捨てれるし、ありがとうだってできるし。
同じ月齢の子と比べたって劣ってないと思うんです。

でも、そういわれると私が手抜いてるみたいな、責められてるみたいな。
気持ちにさせられてしまって、息子が出来たことすら素直に喜べなくなる。。

駄目ですよね。こんなことじゃ。

息子のできるようになった事をきちんと褒めて、一緒に成長していければそれだけで満足。
私はそう思う。

バイバイとか言えなくても、それ以上に凄い事は出来ているんだもの。
私だってきちんと教えているんだもの。

いいんだ、このままで!  


Posted by るなち  at 23:33Comments(0)

2013年11月30日

価値観の違い

どうも、こんにちは♪

今日で11月も終わりですね。

先日半年振りに実家へ帰省してまいりました。
半年振りに孫に会えて両親もうれしそうでしたが、息子は生活リズムがかわったせいか少し興奮して夜おちついて眠れていませんでした。
1週間滞在したのですが、その間色々な場所へドライブに行き帰省を満喫して帰ってまいりました。

家に戻ると義両親が久しぶりに夕飯を一緒に食べようと誘ってくれたので、ご好意に甘える事に。
が、急な残業になった義母が帰宅するのが遅れて、既に息子は眠くてご機嫌斜め状態・・。

寝かせたらだめかなぁ。ご飯一緒に食べないと駄目かなぁと。
やっぱり息子を想うと考えてしまいますね。
でも、1週間ぶりに孫に会うのを楽しみにしていただろうし、と思い息子をなんとかあやして義母の帰りを待ちました。

予定より2時間遅れて帰宅し、夕飯を囲み談話しました。

義母が息子のために洋服を買ってくれていて、ソレは本当にありがたかったです。
義母が買う服はいつもセミブランドかブランドの服が多いんですよね・・。
私としては一時のものなんだから安くて丈夫なものを・・と想っているのですが駄目なんですかね。

たまに「安いのばかり着てるから」みたいなことを言われるんです。
まいっちゃいますね。
高い洋服を買ってくれるのはありがたいですが、価値観を押し付けられるのはご勘弁願いたい。

義母は何かと「お金」にこだわる人なので、少し私とあわないんですよね。
残念ですが。  


Posted by るなち  at 15:35Comments(0)

2013年10月11日

私たち夫婦のこと

こんな時間にこんばんは!夜更かししています♪

今日は同居ネタではないのですが、最近の私たち夫婦について書こうかと思います。
私達の出会いは実はオンラインゲームなのです。
オンラインゲーム「メイプルストーリー」というゲーム内で出会い、付き合い始め結婚までに至りました。
人に言うのはちょっと照れくさいけど、私には大切な出会いでした。

当時私はとても悩みを抱えていて、それを聞き支えてくれたのが今の旦那でした。
8歳も年下なのに一生懸命話を聞いてくれて、精神的にとても支えてくれていました。
あるきっかけがあって、彼の近くに引っ越す事になり実際に会い付き合うことになりました。
当時はまさか結婚するとは思っていなかったのですが、縁あってこうなりました。

でも順風満帆とはいかず、すれ違い空気が悪くなる事も多かったです。
なんとか仲直りしたいなって思っていても、謝る事がないのに謝るのもおかしいなと思ったこともありました。
今でも覚えていますが、そんな時私は彼に電話してゲームの手ほどきを受けるのです。

ゲーム大好きな彼はゲームの話をされたり、ゲームの事で頼られるとNOとは言えない人なんです。

この時は「モンスターハンターやってみたいんだけど、教えてほしいんだ。」
こうもちかけたのが上手くいって空気が良くなったのを今でもよく覚えています。
(旦那は忘れていますが・・)

そんな私達の趣味はやっぱりゲームです。
今も一緒に3DSでモンハンプレイしています!  


Posted by るなち  at 01:38Comments(0)

2013年09月16日

私からの、忠告

同居ネタ。
あるようで中々ないですね(笑)

同居といっても、我が家は二世帯住宅なのでプライバシーは保たれているし、過干渉もないし。
2日に1回、孫に会えれば満足らしいし。
楽させていただいています。

ただ、私が悪いのですが。
姑と少しぎくしゃくしておりまして。多分避けられています。

確信があるわけじゃないんだけど。

会わなければ一週間会わないこともあります。
一緒の家に住んでいるのに。。

別居で会わないのと、同居で会わないのとでは意味が違いますよね。

私がある大きな過ちを犯したから、私が悪いんですけどね。

姑は天真爛漫で、凄くいい人です。
気さくで。

大好きだったお義母さん。
出来れば、前のように仲良くいろいろな話をしたい。
けど、裏切ってしまった私にはそんな事を言う権利はなく。
今のこの状況を受け入れるしかない。

私がもっとしっかりしていれば、こんな事にはならなかったんだけど。

皆さん。
同居ネタではなくてごめんやけども。

何か一つの大きな行動をする時は、絶対に後の事を考えてください。
出来れば冷静に。
そして信頼できる誰かに、絶対相談してください。
一人で解決しようとしないで。

そうでないと、私のように後悔することになるかもしれません。

これから先何十年一緒に過ごす相手と疎遠になるなんて、こんな辛い事ありません。
誰か第三者がいるときだけ、前のように接してくれるけど。
かえって、辛いだけです。

私のような馬鹿は早々いないと思いますが。

何か大きな決断をする時は、一人で決めないでくださいね。  


Posted by るなち  at 05:09Comments(0)

2013年08月30日

始めまして。

皆さん、こんばんは!

世の中の同居嫁さん方々、こんばんは!

毎日暑い日が続いていますが、もう8月も終わり。やっと涼しさの気配も感じられる季節ですね。

最近は夜、秋の虫の声がするようになってきました。

我が家では、10ヶ月の息子がいるのですがその食べこぼしにあやかろうと、蟻さんが必死に食べクズを抱えて巣に持っていっています。
部屋の中を這われるのはちょっとイヤですが、あの必死な姿を見ていると同情というか、なんか健気さに胸打たれて退治する気になれません。
噛まれた時はイラっとするんですけどね(笑)


さて、本題とは全く離れてしまいましたが、私は主人の両親と同居をしています。
中が階段で繋がっていて、1階と2階部分に玄関がある二世帯住宅です。

元々主人のおじいちゃんが暮らしていた1階部分に私たち3人家族が住んでいます。

同居を始めてもう10ヶ月。
息子ちゃんが生まれたのを機に、同居を始めました。

義両親はとってもいい人たち。
温厚で、たまにうけない冗談を言うお義父さん。
ちゃきちゃきしていて、少女のようなお義母さん。

いい人たちです。

私に対しても、息子ちゃんに対しても、とても良くしてくれます。

これから何十年も一緒に生活する。

これからきっと色んなことがおきる。

この家で生きていく。

覚悟を決めて、同居を始めました。といっても、覚悟を決めたのはつい最近。


私は不出来な嫁だから、不満は多いだろうけど。


このブログでは、同居嫁ならではの日記を書いていこうと思います。よろしくお付き合いくださいね。   


Posted by るなち  at 22:00Comments(0)